“紙パック式”スティック型(コードレス型)掃除機 4製品を比較検討!【2018年版】





ことし4月から妻と一緒に暮らし始める“きんた”です。

このタイミングで掃除機を買おうと考えており、現在どれにするか迷っているところです。

(これまでの独り暮らしでは「クイックルワイパー」+「ハンディクリーナー」+「(たまに)雑巾がけ」で間に合わせていました)

 

掃除機をいざ買おうと思うと、

きんた
種類が多くて選ぶのが大変!

大型家電量販店には約30種類もの掃除機がずら〜っ!と並んでいます。

 

まずは「使用シチュエーション」と「好み」を妻と話し合い、以下2つの条件で絞りこみました。

今回買う掃除機の条件
  1. スティック型(コードレス型)
  2. 紙パック式

(この条件で絞り込んだ理由は後述)

 

この2つの条件を満たす掃除機はそれほど多くないようで、これなら選びやすいかも!?

“紙パック式”スティック型(コードレス型)掃除機」を現時点での候補順にまとめてみました!

 

「スティック型」掃除機を選んだ理由

まずは「スティック型」掃除機を選んだ理由です。

掃除機の形状は大きく

  • キャニスター型
  • スティック型(コードレス型)

に分けられます。(ロボット掃除機はここでは除外します)

形の違い」は以下のイラストを見ていただければすぐに分かると思います。

▼キャニスター型

 

▼スティック型(コードレス型)

 

続いてメリット・デメリットです。

キャニスター型 スティック型(コードレス型)
メリット
  • 吸引力が強い
  • 容量が大きく、ゴミ捨て・手入れの頻度が少なくてすむ
  • 動き回りやすい
  • スタイリッシュ・現代的なデザインのものが多い
  • 保管場所が小スペースですむ(壁掛けもあり)
デメリット
  • 本体が大きいので動きにくい
  • 保管の場所をとる
  • (キャニスタータイプと比べて)吸引力は弱い
  • ゴミ捨ての頻度が高い
  • 充電容量が限られている
  • 数年に一度バッテリー交換が必要(目安は2~3年に1度)

表のようにそれぞれのメリット・デメリットがあり「どちらのタイプの方が良い」と一概には言えません。それぞれの使用環境や“どの点を重要視するか”によって判断基準が変わってきます。

ぼくの場合は「動き回りやすい」「保管場所が小スペース」というメリットを重視して「スティック型(コードレス型)」に決めました。吸引力については、狭いマンション住まい&フローリングなのでスィック型・コードレス型でも充分足りるだろう判断しました。

 

「紙パック式」掃除機を選んだ理由

続いて「紙パック式」掃除機を選んだ理由です。

ゴミを集める方法は大きく

  • サイクロン式」→吸い込んだゴミやホコリが「紙パック」にたまります
  • 紙パック式」 →吸い込んだゴミやホコリが「ダストパック」にたまります

に分けられます。

 

続いてメリット・デメリットです。

サイクロン式 紙パック式
メリット
  • 排気がキレイ
  • ゴミがたまっても吸引力が落ちにくい
  • ランニングコスト(紙パック代)がかからない
  • 販売されている機種が多い
  • ゴミ捨てが簡単で衛生的
  • ゴミ捨ての頻度が少なくてすむ(2ヶ月に一度程度)
デメリット
  • ゴミ捨て時にホコリが舞う
  • ダストカップの掃除が必要
  • ゴミ捨ての頻度が高い(毎回または1週間に1度程度)
  • 排気気になることも
  • ゴミがたまると吸引力が落ちやすい
  • 紙パック代がかかる
  • 販売されている機種が少ない

「キャニスター型orスティック型(コードレス型)」と同様に、「何を重視するか」によって決めることになります。

 

ぼくの場合は「ゴミ捨て頻度」「ゴミ捨て時にホコリが舞うのがイヤだ」という点から、「紙パック式」に決めました

 

“紙パック式”スティック型(コードレス)掃除機を比較検討

たくさんある掃除機をから

  • スティック型(コードレス型)
  • 紙パック式

の条件で絞ると、該当する機種はわずか。(「紙パック式」の機種が少ない)

“4つ”の機種を現段階で優先順位が高い順にまとめました。

 

マキタ 充電式クリーナ 10.8V CL107FDSHW

Amazon参考価格:13,530円(2018/2/1時点)

・集塵タイプ:紙パック
・電源:充電式(充電時間:22分/稼働時間:最大25分)
・重量:1.0㎏
・ハンディ:〇
・モード切替:〇(標準・強・パワフル)
・自立:×

注目ポイント
  • 軽い
  • バッテリを付け替えれば長時間の使用が可能

 

1.0kgという「軽さ」が際立った製品です。プロ用電動工具のモーターを使用しているので、吸引力も充分と思われます。

次にご紹介する「充電式クリーナ CL182FDRFW」はじめ、マキタからは何種類ものハンディクリーナーが出ています。基本的な違いは「バッテリの容量=吸引力」なので、必要に応じた大きさを選ぶと良いようです。

 

▼バッテリを付け替えれば長時間の使用が可能

出典:マキタ 公式サイト

 

 

マキタ 充電式クリーナ CL182FDRFW

Amazon参考価格:26,300円(2018/2/1時点)

・集塵タイプ:紙パック
・電源:充電式(充電時間:22分/稼働時間:最大40分)
・重量:1.5㎏
・ハンディ:〇
・モード切替:〇(標準・強)
・自立:×

注目ポイント
  • 吸引力が強い(マキタの充電式クリーナの中で最大)
  • バッテリを付け替えれば長時間の使用が可能

 

先ほどご紹介した同じくマキタの「充電式クリーナCL107FDSHW」との違いは「バッテリの容量=吸引力」。マキタからは何種類ものハンディクリーナーが出ていますが、CL182FDRFWはシリーズ最大のバッテリとなっています。

吸引力を重視する方はこちらのタイプを選ぶのが良いでしょう。

あわせて稼働時間も長くなっており、広い面積を掃除する必要がある方にも向いています。

 

 

アイリスオーヤマ 極細軽量スティッククリーナー  IC-SLDC4

Amazon参考価格:11,870円(2018/2/1時点)

・集塵タイプ:紙パック
・電源:充電式(充電時間:不明/稼働時間:最大30分)
・重量:1.2㎏
・ハンディ:〇
・モード切替:○(標準・自動モード=ゴミやほこりの量を見分けてパワーを制御)
・自立:×

注目ポイント
  • 低価格
  • コンセントで充電=バッテリー付け替えが不要
  • 「ほこり感知センサー」でかしこく節電
  • ハンディタイプとしても使える2WAY仕様

 

1万円台前半という低価格ながら、「ハンディタイプとしても使える」「ほこり感知センサー」など機能も充実しています。

▼ハンディタイプとしても使える2WAY仕様

出典:アイリスオーヤマ 公式サイト

写真のようにテレビボードの上などを掃除する際に便利そうです。

 

▼自動でパワーをコントロールする「ほこり感知センサー」

出典:アイリスオーヤマ 公式サイト

 

 

▼おまけ:前モデルIC-SLDC1のCM。インパクト大!

 

パナソニック コードレススティック掃除機iT(イット) MC-PBU510J

Amazon参考価格:51,767円(2018/2/1時点)

・集塵タイプ:紙パック式
・電源:充電式(充電時間:3時間/稼働時間:最大30分)
・重量:2.3㎏
・ハンディ:〇
・モード切替:〇(標準・強)
・自立:×

注目ポイント
  • 隙間を掃除するのにアタッチメントなどの付け替え不要
  • 光沢感のあるスタイリッシュなデザイン

 

高価格帯(50,000円以上)で唯一の紙パック式掃除機です。(iTにはサイクロン式もあります)

家電量販店でもかなり推している商品で、掃除機コーナーのいちばん手前に展示されていることが多いです。

 

一番のウリは細い隙間にあわせて一瞬で変形すること。これまでの掃除機ではアタッチメントを付け替えたりしなければならなかった隙間に、付け替えなしで一瞬で入り込むことができます。

コンセプトムービーを見てみると、その便利さが良くわかります。(該当部分:0:32〜)

個人的にはこの「変形!」という感じが男心をくすぐられます。

 

ひとつ気がかりなのは重さ。2.3kgとなっており、これまで候補として紹介した3商品の2倍近くの重さがあります。

店頭で使用した感じとして「重い!」というわけではありませんでしたが、その後1,0kgのものを試すと明らかな違いを感じました。

 

繰り返しですが、高価格帯の掃除機で「紙パック式」のものは現時点ではこの商品以外ありません。他に選択肢がないのは気になりますが、口コミも高評価ばかりなので間違いなさそうです。

 

 

まとめ:現時点での最有力候補は「マキタ 充電式クリーナ 10.8V CL107FDSHW

“紙パック式”スティック型(コードレス型)掃除機」を現時点での候補順にまとめてみました!

予算・必要なスペックなどを考慮して、現時点での第1候補はマキタ 充電式クリーナ 10.8V CL107FDSHW」です。価格・吸引力・重さ・デザイン性などのバランスが優れていると感じました。

口コミもかなり高評価が並んでおり、安心できそうです。

 

同じくマキタから「バッテリの容量=吸引力」が違う製品がいくつかラインナップされています。他の機種をふくめ、今週末に店頭で実際に触って決めます!!

 

 

スポンサードリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です