主夫志望の男性必見!「今日も妻のくつ下は、片方ない。 妻のほうが稼ぐので僕が主夫になりました」(劔樹人)





主夫になることを考えている男性に超オススメの1冊をご紹介します。コチラです!

夫が家での家事をすべて担当し、妻の方が外でバリバリ稼ぐ。そんな働き方をしている夫「劔樹人さん」が、主夫としての日常を綴ったコミックエッセイです。

【内容紹介】

音楽を生業にしていた僕は、エッセイストの妻と結婚し、兼業主夫になった。慣れない家事の、難しさと面白さ。くだらなくて笑える、小さな幸せ。でも僕は―「妻に稼いでもらっている」「音楽では食っていけない」。もやもやと過ごしていたある日、妻の妊娠が発覚し…?ゆるくて時々ヒリつく主夫コミックエッセイ。

 

サブタイトルにもある通り、「妻のほうが稼ぐので」主夫になったという点がポイントです。劔樹人さん音楽活動やロックバンド「神聖かまってちゃん」のマネージャーとして忙しく働いていた時期もあり、けして最初は前向きな気持ちではありませんでした。

作中の内容も「男ならではの家事テク」ではありません。苦手&慣れない家事をする中で、ちょっとした達成感や幸せを感じたことが優しい雰囲気の中で描かれています。

出典:「今日も妻のくつ下は、片方ない。 妻のほうが稼ぐので僕が主夫になりました」(劔樹人)

 

「夫婦の事情で『主夫』という選択を考えているけど、家事は正直苦手!」そんなふうに感じている男性は必見です!

Kindle版は648円と大変お得になっています。(2018/1/21現在、紙版は1080円)

 

劔樹人さんの公式ブログでは最新エピソードを見ることができますよ!

 

 

作中に登場する「妻」こと劔樹人さんの奥さんは、エッセイスト・タレントの犬山紙子さんです。

作中では「外で仕事バリバリ&家事をまったくしない妻」という描かれ方をしていますが、犬山紙子さんのオフィシャルブログTwitterでは子育ての日々を綴っています(2017年1月にご出産)。

劔樹人さんの公式ブログと合わせて読むと面白いですよ!!

 

 

【まとめ】“幸せな夫婦生活”の参考にしたい漫画&コミックエッセイ(随時更新)

2018.01.21

 

スポンサードリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です