「あたりまえのぜひたく。」(きくち正太)シリーズを読んで“夫婦一緒に”キッチンに立とう!





二人一緒にキッチンに立つ「お料理好きな夫婦」にオススメの一冊をご紹介します。それがコチラ!

「あたりまえのぜひたく。」(きくち正太)シリーズです!!

シンプルかつ“しぶ〜い”お料理を、時に夫が、時に妻が、時に二人一緒に“作って”“食べる”シリーズです。「晩酌の肴は和食!」な夫婦に特にオススメです。

【内容紹介:「あたりまえのぜひたく。」(第1巻)】

食材、道具、調味料にチョットひと手間かけるだけ。普段日常が美味しすぎる、こだわりグルメ漫画家のコミックエッセイ!!

累計発行部数100万部超えの大人気グルメコミック『おせん』シリーズの作者が描く初のコミックエッセイ。これまで15年以上にわたって料亭の女将を主人公にしたグルメ漫画で料理の神髄を追求してきた「きくち正太氏」。当然のことながら、料理に対するこだわり、技術や知識も半端ありません。普段日常こよなく酒を愛し、ひと手間かけた料理とともに客人との会話を楽しむ……そんな彼の私生活が美味しくないわけございません!!

「今宵は、ちょっと料理してみようかな」と思わせること間違いなしの単行本です。

こちらのシリーズ、2018年1月時点で第3巻までが出ています。

 

僕のイチオシは最新刊の第3巻。釣ったばかりの鯵を「お造り」「なめろう」「酢〆」「アジフライ」と様々な調理方法で食べ尽くします!。

▼釣ったばかりの鯵(どっさり)を…

▼「お造り」&「なめろう」に!

▼「酢〆」に!!

▼そして「アジフライ」に!!!

出典:「あたりまえのぜひたく。-定番、国民食は玉子焼き。-」(きくち正太)

同じ食材を使って夫婦でそれぞれ違う料理を作るのも楽しそうですね〜♪

 

【まとめ】“幸せな夫婦生活”の参考にしたい漫画&コミックエッセイ(随時更新)

2018.01.21

 

スポンサードリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です