「武器を磨け 弱者の戦略教科書『キングダム』」(佐藤優 著/原泰久 原作)現代を生き抜く「知的サバイバル術」を手にしよう!





漫画「キングダム」が大好きな“きんた”です。

キングダムは週間ヤングジャンプで連載中の漫画です。舞台は中国の春秋戦国時代。大将軍を目指す少年・信と、後の始皇帝となる秦国の若き王・政の活躍を中心に、戦乱の世を描いた物語です。

NHK BSプレミアムで放送されたアニメ版や、テレビ朝日「アメトーーク!」キングダム芸人(2015年5月28日放送)でキングダムのことを知った方も多いのではないでしょうか?

そのキングダムから「現代社会を生き抜く『知的サバイバル術』」を学ぼう!という本が登場しました!それがこちら!

帯に大きく「成り上がれ!」と書いてあるように、現代社会の“組織”の中でいかにして自分の目標を達成するか、ということが記されています。

この本をオススメしたいのは以下のような方たちです。

  • いくら働いても経済的に豊かになれない人
  • 自分の理想をなかなか実現できない人
  • 本音を言えずに歯がゆい思いをしている人

「武器を磨け 弱者の戦略教科書『キングダム』」(佐藤優 著/原泰久 原作)「はじめに」より引用

武器を磨け 弱者の戦略教科書『キングダム』 (SB新書)を読んだら、なんとなく組織の中でモヤモヤしているぼくも、「あすからやってやるぜ!!」という気持ちになりました!!

「武器を磨け 弱者の戦略教科書『キングダム』」(佐藤優 著/原泰久 原作):内容紹介

【内容紹介】

世界を生き抜く術は『キングダム』に学べ!

〝知的サバイバルの達人〟佐藤優が、戦国時代の中国を描いた累計3000万部突破の大ヒット漫画『キングダム』を題材に、現代人が「残酷な世の中を生き抜くための術」を伝授する。

著者の佐藤優(さとう・まさる)さんは作家にして、元外務省主任分析官。なんと異名は『知の巨人』!膨大な知識と実務経験・実体験に基づき、国際問題を中心に各メディアで存在感のある持論を展開されています。

そんな佐藤優さんがまさか漫画キングダムから「学んでいた」とは!!

かつての「終身雇用神話」が跡形もなく消え去った現代社会。団塊世代よりも若い世代の人たちにとっては、短期間で目に見える結果を出さなければ戦力外通告になりかねない。

こうした状況下において、誰しもが心の中で「自分は生き残れるのだろうか」「何者かになれるのだろうか」という自問自答を続けている。これも、『キングダム』で描かれている背景と重なり合う。まさに本書は、弱者にとって最高の戦略教科書なのである。

「武器を磨け 弱者の戦略教科書『キングダム』」(佐藤優 著/原泰久 原作)「はじめに」より引用

漫画の具体的な1シーン(セリフ1つ)に注目し、さらに佐藤優さんの実体験(主に外交官時代)も重ね合わせ現実社会で生きる人たちに響く「強烈なメッセージ」を送ってくれています。

組織でモヤモヤした人に響くこと間違いなし!!

 

なお、この本にはキングダム作中の画がふんだんに挿入されています。

 

あの名シーンはもちろん、素通りしがちなシーンにも実は学びがたくさん!!キングダム原作ファンは、武器を磨け 弱者の戦略教科書『キングダム』 (SB新書)を読むと、また原作漫画が読みたくなるかも!?

 

キングダムキャラクター診断|あなたの性格はどのキャラ?【一部ネタバレあり】

2018.02.06

 

スポンサードリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です