「バチェラー・ジャパン」はパートナーと一緒に見るのがオススメ!2つの理由





Amazonプライム・ビデオで配信中の「バチェラー・ジャパン」。もう見ましたか?

ぼくは前から気になってはいたのですが、先日ようやく見ることができました。

ぼくは“妻と二人で”“約3日間かけて”「エピソード全12話(1話あたり約55分)」+「プレミアム・トークセッションSP(2話ぶん)」を一気見しました。

 

すべて見終わっての感想は、

きんた
妻と一緒に見てよかった!!

中身が面白かったのはもちろんですが、パートナー(夫・妻、彼氏・彼女)と一緒に見るとまた違った発見がありますよ!

ぼくが「『バチェラー・ジャパン』はパートナーと一緒に見るのがオススメ!」と思った“2つの理由”です。

「バチェラー・ジャパン」とは?

「バチェラー・ジャパン」をまだ見たことがない人のために、簡単に内容をご紹介します。

世界一の恋愛リアリティ番組「The Bachelor」遂に日本上陸。2002年の放送開始から、瞬く間に全米で最も愛される国民的人気番組に成長した「The Bachelor」。たった1人の理想の男性が、多数の女性の中から最高のパートナーを選び、1人にプロポーズをするという究極の恋愛番組。これにより、まったく新しい仕組みが数々のドラマを生み、現在では全世界30か国でエピソードが製作されています。「バチェラー(bachelor)」とは独身男性という意味であり、本シリーズでは、真の愛を見つけ出すチャンスを得た、ある一人の幸運な独身男性バチェラー(久保裕丈氏)が、25人の女性たちと様々なデートを繰り返しながら、運命の相手となる最後の1人の女性を選び出していくという恋愛サバイバルが繰り広げられます。圧倒的にラグジュアリーで非日常な世界で繰り広げられる、他のどの恋愛番組よりもリアルで、時に残酷な現実をお伝えする究極の恋愛リアリティ番組です。

Amazon Prime「バチェラー・ジャパン」より

「たった1名のイケメン男性=バチェラーが、25人の女性とデートを重ね、たった1人の女性を選び出す」

きんた
なんて贅沢な男なんだ!!

「リアリティ番組」と言いつつも、まったく台本がないわけでもない感じ。

バチェラー・ジャパンのことを説明するときに多いのが、「『テラスハウス』みたいな感じ!」「『テラハ』好きなら絶対見た方がいいよ!」という言葉です。

かくいうぼくと妻も熱狂的な「テラハ」ファン。テラハもうすぐ終わっちゃうなー、ということで一緒に何気ない気持ちで見はじめたのがきっかけでした。

 

「バチェラー・ジャパン」はパートナーと一緒に見るのがオススメ!2つの理由

それでは本題。ぼくが「『バチェラー・ジャパン』はパートナーと一緒に見るのがオススメ!」と感じた“2つの理由”です。

理由1:パートナーの価値観(好きなこと)を知れる

理由の1つ目「パートナーの価値観(好きなこと)」を知れること。価値観を「恋愛観」、または大げさに言うと「理想の愛」とも言い換えられるかもしれません。

「バチェラー・ジャパン」をパートナーと一緒に見ると、バチェラーや女性たちの行動に対して二人で「あーだこーだ」言ってしまうと思います。そんな会話から例えばパートナーのこんな価値観(好きなこと)がわかります。

  • 理想のデート
  • 男性に言われると「キュン」とする言葉
  • お付き合いや結婚にあたって重要視すること
  • サプライズは好き?
  • 好感を持つ同性のタイプは?

こういったことは普段から話しているようでも、なかなかお互いのことを知らないのではないでしょうか?

ちなみにぼくは、妻がアクティブなデートよりもロマンチックなデートのほうに反応するのを見て、「え!?そうだったの!?」とすこしドキドキしてしまいました!!(どちらかと言うとぼくの趣味でアクティブなデートが多かったので)

理由2:パートナーの価値観(嫌いなこと)を知れる

理由の2つ目「パートナーの価値観(嫌いなこと)」を知れること。理由1の反対にあたることですね。長い目で考えるとこっちのほうが重要!?

理由1と同じように、二人で見ながら「あーだこーだ」会話していると、こんなことがわかります。

  • 幻滅する男性の行動は?
  • あまり好きじゃないデートは?
  • 苦手な女性(同性)のタイプ

特に「苦手な女性(同性のタイプ)」を知ることは重要かもしれません。同性の友人や会社同期の悪口をふだんから積極的にする人はあまり多くないでしょうから。

「バチェラー・ジャパン」は“男性1人に対して女性25人”という構図から、必然的に女性グループ内でのいざこざが(頻繁に)起こります。それに対して妻が「この人あまり好きじゃないなー」「(バチェラーに媚びている態度を見て)うわっ!!」とリアクションするのはとても新鮮でした。

男性としては“いつか地雷を踏まないために”参考になるのでは!?

「バチェラー・ジャパン」をパートナーと一緒に見た人の反応

Twitterで検索してみると、「バチェラー・ジャパン」をパートナーと一緒に見た人がけっこういるようです。感想は人それぞれ。

↑わかる。ぼくも「またアクティビティかよ!」と思いました。彼女のこういうリアクション参考になりますね。

↑「テラスハウス好き」から「バチェラー見てみるか」はぼくたち夫婦と同じ流れ。テラスハウスの副音声も、あーだこーだが聞けて楽しいです。

↑その通りだと思います!ひとりで観るよりもパートナーと一緒に見る方が何倍も面白い!

まとめ:「バチェラー・ジャパン」をパートナーと見て 価値観を共有しよう

ぼくが「『バチェラー・ジャパン』はパートナーと一緒に見るのがオススメ!」と感じた“2つの理由”でした。

簡単に言ってしまえば、

きんた
「バチェラー・ジャパン」をきっかけにお互いの価値観をあらためて共有できた!!

 

2018年春からは「バチェラー・ジャパン シーズン2」がスタートすることが発表済み。新バチェラーも決定し、さらに注目度が上がっています。

シーズン2の放送前に「バチェラー・ジャパン シーズン1」をパートナーと一緒に見て、価値観を共有してみるのはどうでしょうか?

 

▼シーズン1のバチェラー「久保 裕丈」による恋愛メソッドはコチラ

 

スポンサードリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です