Amazon「プライムビデオ」で見られる!『おバカ映画』おすすめ5選





映画好き・ドラマ好き・アニメ好きには“必須”とも言えるAmazon「プライムビデオ」

ぼくもガンガン利用しています!登録してからは、お店でレンタルすることがかなり減ってしまいました。

きょうはぼくがAmazon「プライムビデオ」で見た『おバカ映画』の中から特におすすめの5本をご紹介します!!(※2017年9月時点)

※Amazonプライムビデオの配信作品は変更される可能性があります。すでに配信が終了している作品もある場合もあるのでご注意ください。

「とにかく笑える」「ネタとして面白い」作品から「おバカなのになぜか引き込まれる」作品まで、できるだけ違うタイプから選んでみました。

それでは「『おバカ映画』おすすめ5選」です。どうぞ!!

26世紀青年

【内容紹介】

オバマ大統領出現を予言した?! マ〜ベラスな近未来SFコメディ! 「20世紀少年」×「WALL・E」÷2=「26世紀青年」!? 世界が終わろうとしています。“ばかたち”によって……。

“平均のアメリカ人”の典型、兵卒のジョー・バウアーズ。彼は、米国国防総省から、極秘の冬眠プログラムの実験台に選ばれた。忘れられ時は過ぎ、彼は未来の500年後に目が覚める。あまりにレベルが下がった合衆国で、生きている人間のなかで最もインテリな人間になっていたのだ。

設定は“超ベタな”SFのタイムスリップもの。未来をダメにした原因は超大手企業の○○○○!?社名を実名で出しちゃってるけど大丈夫ですよね!?

バカバカしいのに、「人間らしく生きるってなんだ?」「便利ってなんだ?」というメッセージ性も含んでいたりして…。

主演のルーク・ウィルソンの下がり眉が笑いを誘ってくるように感じるのはぼくだけですか!?

あ、もちろん「20世紀少年」とはなんの関係もありません

ビール・フェスタ 無修正版 ~世界対抗・一気飲み選手権

 【内容紹介】

冷えたビールとホットでエッチなギャル満載!過激にセクシーに、無修正版で登場!!とにかくヤリ過ぎ!でも最高!

1日は24時間。ビール1ケースは24本入り。これって偶然!?ビール一気のみ選手権というスーパーアングラな世界を、冷えたビールとホットでエッチなギャル満載で描いた抱腹絶倒のスーパーハイテンション・コメディ。
どうしようもないヤツらが、アメリカ代表として世界対抗選手権に殴り込み!ビールの聖地、王者ドイツに果敢に立ち向かう、愛と感動の物語!?

最初から最後までとにかくビールを飲みっぱなし。作中に出てくる人たちの飲み方を絶対に絶対にマネしてはいけません。

開始すぐ、オクトーバー・フェストのシーンでの“ドミノ倒しのようなドタバタハプニング”には、「よく考えたな〜」と感心してしまったりも。

クライマックス(=決勝戦)の死闘は、スポーツの試合を見ているように引き込まれてしまうかも!?

テッド 

【内容紹介】

時は1985年のクリスマス。8歳の男の子ジョン・ベネットは、両親からテディベアのぬいぐるみをプレゼントされる。近所の子どもたちから仲間はずれにされ友だちが一人もいないジョンは、ぬいぐるみをテッドと名づけて片時も離さずにいた。だけど……ジョンは星に願いをかけた。「テッドが本当にしゃべってくれたらいいのに……」 すると奇跡が起きた。何とテッドに命が宿り、「僕をハグして!」と、しゃべりかけてきたのだ。こうして、ジョンとテッドは、いつまでも仲良く一緒に暮らしたのだった……。それから27年の歳月が流れ、ジョンとテッドは今も一緒にいた。35歳になったジョンはレンタカー店員としてうだつの上がらない日々を送っている。

カバンにテッドのぬいぐるみを付けてる女子高校生をたまに見るけど、映画は観てるのか!?こんな下品な行動のキャラクターって知っているのか!?

テッドとジョン・ベネットの“男子高校生ノリ”が愉快です。ぼくはテッドがスーパーマーケットで働いているときの“腰クイクイ”がツボでした。

最後はテッドとジョンの友情に熱くなります。カワイイだけじゃないけど、お下品なだけでもない。新感覚の映画です。

続編「テッド2」もどうぞ。

恋の渦 

【内容紹介】

交錯する恋心と下心。部屋コンで出会った9人の男女。ゲスでエロくてDQNな恋愛様!!部屋コンに集まった男女9人。イケてないオサムに、彼女を紹介するのが今夜の隠れテーマだ。しかし、やってきたユウコのルックスに男は全員ドン引き。それでも無理矢理盛り上げようとするが、すべてが空回りし、微妙な空気のままコンパは終わったはずだったが…。ア然ボー然の低予算、撮影日数わずか4日間のインディーズ映画が連日売切&立ち見&超ロングラン大ヒット!これは、もう“事件”だ!!

 

サウスパーク 無修正映画版

アメリカvsカナダ全面戦争突入!?
原因は1本のアホ映画だった。捕虜にされたオナラ芸人テレンス&フィリップを救うべく、スタン、カイル、ケニー、カートマンの小学生4人組が立ち上がる!
全米の若者を熱狂させ、世界中の協会とPTAを激怒させた(禁)ムービー。
ピー音、ボカシいっさいなしの無修正映画バージョン。
挿入曲「ブレイム・カナダ」は1999年アカデミー賞主題歌賞にノミネート!

オープニングシーン、クライマックス直前の盛り上げ、ラストの大団円など、全編通してミュージカル調の演出でストーリーが展開します。

このミュージカル演出が妙にクオリティが高く(古き良き時代の名作ミュージカル風!)、音楽としてググッ!と引き込まれます

ですが!字幕を見てビックリ。日本では考えられないような放送禁止用語&差別用語がズラ〜〜〜〜〜〜!!!と並んでいます。「R-15」指定のようですがそういう問題じゃない気が……。

これを見て顔をしかめる方もたくさんいると思いますが、主人公の男の子たちの“正義&真剣さ”はホンモノ!ミュージカル調で描かれる、“子供たちと大人たちの戦い”をぜひ一度ご覧ください!

まとめ

「なぜか気になる」おバカ映画、けっこう多いですよね?

Amazon「プライムビデオ」はそんな作品に挑戦するのにピッタリのサービスです。自分に合わなかったとしても「見放題だからまあいっか!」。

Amazon「プライムビデオ」では、劇場公開時にはまったく話題にならなかった作品がこっそり追加されていたりします。面白い「おバカ映画」を見つけたらぼくにも教えてください!

 

スポンサードリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です