マルコメ「丸の内タニタ食堂の減塩みそ」で軽快なカラダになりたい!





30歳を目前にして急に、「そろそろ自分の体をいたわらなきゃ!」と感じています。

まずは食生活から。ラーメン食べてばかりじゃいかんな〜。自炊増やさなきゃ!

そんなタイミングで冷蔵庫の味噌が切れたので近所のスーパーへ。

今回は「減塩・無添加」のワードが目立つ、マルコメ「丸の内タニタ食堂の減塩みそ」にしてみました!

マルコメ「丸の内タニタ食堂の減塩みそ」は数値で比較すると確かに塩分カットだった!

タニタ食堂で使用しているみそで、だし無し、無添加の粒みそです。 弊社標準品のみそと比較して100gあたりの塩分を20%カットし、甘みとコクのある味に仕上げました。

マルコメHP 丸の内タニタ食堂の減塩みそ より引用

塩分を20%も、本当にカットできているの!?

マルコメのHP他の味噌と比較してみました。

丸の内タニタ食堂の減塩みそ → 食塩相当量「8.9g」(みそ100gあたり)

マルコメ君こし(だし入り) →  食塩相当量「12g」(みそ100gあたり)

料亭の味(だし入り)    →  食塩相当量「11.8g」(みそ100gあたり)

料亭の味 減塩(だし入り)   →  食塩相当量「9.4g」(みそ100gあたり)

料亭の味 無添加 減塩     →  食塩相当量「8.9g」(みそ100gあたり)

プラス糀 無添加 糀美人    →  食塩相当量「11.7g」(みそ100gあたり)

 

【結論】発売中のマルコメ製品の中では「食塩相当量」がいちばん低かった!!

「減塩」「塩分を20%カット」は本当でした。

実食:塩気の物足りなさはまったくナシ

それではマルコメ「丸の内タニタ食堂の減塩みそ」を開封し、実食します!

▼パッケージ

ぼくが絶大な信頼をよせる「タニタ食堂」の文字が目立ちます。

▼フタ

▼パッケージ裏面

注目の「食塩相当量」については、前の項目で書いた通り。マルコメのみその中でいちばん低い食塩相当量(100gあたり)を誇っています。

▼フタをあけたところ

新品のお味噌ってなんかイイ!

▼キュウリにつけて実食

うん!美味しい!

塩気が物足りないという感じはまったくありません

なめらかな食感も◎です。

まとめ

「丸の内タニタ食堂の減塩みそ」は本当に減塩(塩分20%カット)でした!

それでいて塩気が足りないということはまったくナシ!

同じ味噌なら「丸の内タニタ食堂の減塩みそ」を使うべし!

スポンサードリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です