日清「日本めし スキヤキ牛めし」甘めツユで満腹感あり!牛肉は使っていません!?





深夜にお腹が減ってがまんできない!ついつい行ってしまいました。コンビニ。

買ったのは日清「日本めし スキヤキ」。前から気になっていたけど食べていなかったんですよね〜。

「日清 日本めし」は、日清食品がうまい和食について本気で考え、和食の新しい形となる “ファストフード和食” を提案する新ブランドです。人気の和食同士を組み合わせた創作雑炊メニューを、お湯を注ぐだけの簡単調理でお楽しみいただけます。
第1弾となる「日清 日本めし スキヤキ牛めし」は、牛のうまみと野菜の甘みがきいた「スキヤキ」と、つゆだくの「牛めし」のおいしさを一つにしたメニューです。しょうゆと砂糖をベースにネギの風味をきかせた甘辛いスキヤキ風味のスープに、日清食品独自製法の “大豆でつくったお肉” (大豆ビーフ*) を合わせました。

日清 日本めし スキヤキ牛めし 製品ページ より引用

“今年で発売4年目”という「カレーめし」、とはまた別のシリーズ「日本めし」として登場したんですね。

作ります

▼パッケージ。富士山デザインが「日本めし!」という感じでいいですね

▼側面。牛肉は入っておらず、「大豆でつくった」お肉を使用している

▼裏面

▼パッケージを上からみたところ。「割り下スープ」がフタの上にのっている

▼「フタ」と「割り下」

▼フタを開けたところ。「カレーメシ」と同じような感じ

▼お湯をいれる。お米が水面に浮いているので、線ぴったりまでお湯が入ったか確認しづらい

▼「割り下」はフタの上に置いてあたためよう

▼「割り下」だけではフタに隙間ができるので、スプーンも重ねて5分待つ

▼お湯を入れて5分後

▼「割り下」を入れてよく混ぜたら完成

しっかり甘味があるスープで満腹感高い!

それではいただきます。

……

しっかり甘味のあるスープ。野菜、特にネギの味を一口ごとに感じます。

しょうゆと砂糖の風味がはっきりしているけど、「すき焼き味」かと言われると、ちょっと違う感じかな?

 

気になっていた“大豆でつくった”お肉は味がしっかり付いていて、噛むと幸せ。

明らかに肉ではないのですが、旨味があるのでこれはこれでアリ。

下味がついているのか、スープが染み込んでいるのかはわかりませんでした。

 

お米の感じは可もなく不可もなく。「カレーメシ」を食べたことがあるので予想通り。

 

全体的にお米の量も多い感じがしたし、スープがしっかり甘味あるので、食後の満腹感は非常に高いです。

Twitterでの反応は

たしかに!卵入れたらスキヤキ感アップで美味しいかも!

お米の量は多めに感じますよね。ぼくも豆腐あったら嬉しいです。

まとめ

日清「日本めし スキヤキ牛めし」は、たっぷりお米と甘辛スープで満腹感高い!

「スキヤキ」感はうすいので、スキヤキだと過剰に思い込まないで食べた方が良い。

卵トッピング、野菜トッピングなども試す価値アリかも。

「日本めし」シリーズの第2弾に期待です。なんだろ?鯛めし?

 

スポンサードリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です